2008年、27歳で若年性乳がんになりました。2013年12月、5年目を目前にまさかの再発、転移!!治療エンドレス~が始まりました。悲しみや苦しみもいっぱい、涙もいっぱい。でも幸せもいっぱい。「今」を楽しく自分らしく生きてやるっ!そんなayaの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後の夏
2010年08月10日 (火) | 編集 |
来週、旦那の夏休みがとれたので
毎年恒例、福島のおばあちゃんちに行ってきます。

でも・・・・
福島で過ごせる夏休みは、きっと今年が最後です。


おじいちゃんに、大腸癌がみつかりました。
そして、残念なことにすでに肝臓にも転移していることがわかりました。

余命、半年だそうです。

現在は、入院して抗癌剤治療中。
電話でのおばあちゃんの話だと、副作用もほとんどなく
元気だそうですが。。。


癌って。。。。
なんなんだろう。。。。

私も、癌になって
でも、ソコから気づいたもの、出会えた人達のおかげで
感謝することもできて、癌になったけど幸せだとも思えて。

それは、本当なんだけど。

でも、その一方で
癌という病気に対しての恐怖や不安や憎しみなどは
いくら月日がたっても消えることはなく
それを少しでも、感じさせないために

無理やり、幸せを探したり感謝してるところも。。。。
あるんだよね。。。。

だって、そうしないと
これからの人生、生きて行けないもん。

怖がるより、不安がるより、憎むより
癌になったけど、良かったとこ、幸せなとこ、感謝するとこ
探したほうが、生きるのが格段に楽になるから。。。


だけどね。
大好きな人が
癌で、これからいなくなってしまうと思うと。
胸が、痛くなる。
苦しくなる。

癌なんて、この世から
消えてなくなればいい。
憎たらしくて、腹立たしくて、悲しい。

それでも、私はこれからも
幸せ探しを続けて、生きていくんだ。。。。

癌って。。。。
なんなんだろう。。。。

おじいちゃんの、癌の報告を聞いてから
色々考えてしまって
ちょっと疲れちゃったかな(^^;)

今は、ただただ。
おじいちゃんが、残された日々を幸せに過ごせる事。
痛みや苦しみがないことを願うばかりです。
そして、奇跡なんてものがこの世にあるとしたら
どうか、おじいちゃんの体から癌がなくなってしまいますように。。。


最後になるかもしれない、福島での夏休み。
いろんな意味で、思い出に残る夏休みになりそうです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ランキング参加しています。

応援ポチしてくれると、嬉しくて元気いっぱいヾ(^▽^)ノ


いつも応援してくださるみなさま、ありがとうございます

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
読んだよーのサインに。。。拍手ポチも嬉しいな
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!!
ayaちゃんご無沙汰してます!!

福島での夏休み…最後になっちゃうと思うと感慨深いものがあるね。
おじいちゃん、抗がん剤がんばってるんだね。
なんかさ…自分が癌になってから、ガンっていうものがどんどん目に飛び込んでくるようになったけど、自分がガンにならなければあんまり入ってこなかっただろうなと思うこの病気。
なってみないとわからない辛さ・気持ち…いろんなこと考えるよね。
本当にガンという病気が憎たらしい。
悔しくて悔しくて…何もできない自分が悔しくて。

最後になるかはわからないけれど、おじいちゃんに元気いっぱいな笑顔をたくさん届けてあげてね。
夏休みの思い出たくさん作ってきてね。
2010/08/10(火) 17:17:59 | URL | まき #-[ 編集]
こんばんは^^
そっか。。。
悲しいけど、おじいちゃんにとってもayaさんにとっても
楽しい夏休みにしてきてくださいね。

数年前に私の祖父も癌の手術で入院中にくも膜下出血で急に亡くなりました。
あまりの急な出来事にかなりショックで。。。
でも人は生まれたらいつか死が訪れるものだし
いつかは覚悟を決めなければならないのだと考えたりもして…

おじいちゃんに元気をあたえて来て下さいね!
2010/08/10(火) 20:30:48 | URL | みみ #-[ 編集]
まきさんへ
まきさん、こんばんわー★

そうですね。。。最後になるかどうかなんて
まだまだわからないものね。
今は、そんな悲しいこと考えず
私の元気な姿、子供達のかわいい笑顔を見せて
少しでも、気持ちが元気になってもらうことだけを考えよう〃^_^〃

まきさん、ありがとうー!
2010/08/11(水) 01:05:03 | URL | aya #-[ 編集]
みみさんへ
身近な人の死は、ツライけど
でも改めて、人間の生死について考えさせられるね。。。

みみさんも、ご家族も
あまりに突然のことに、どれだけショックだったか(;へ:)

癌は、嫌な病気だけど
でも、残り時間がどれだけあるかある程度わかるのが
まだ救われるかなー。。。。

残された時間で、私にできることをしようと思う。
来週、元気な姿見せてくるねーヽ(*^^*)ノ
2010/08/11(水) 01:15:40 | URL | aya #-[ 編集]
まだゲルソン療法があります。
え~、実績主義の癌ダムです。

僕はステージⅣ(手遅れの一歩手前)で4ヶ月も入院していたので、
暇だったこともあり、癌や治療法など、あれこれ本を読んだり、
自分の治療に疑問を持ったりした結果、
まぁ、ご存知の様に「食事療法」に向かったわけですが
現代医学が投げ出した患者も、助かった例はいくらもあります。

結局のところ、現代医学は癌に対して、
手術・放射線・抗がん剤以外に打つ手はなく、
残念ながら…という程度に治療しか出来ないのが現実です。

だからといって、ハイそうですか…と諦めることはないわけでして、
こういうときこそ「食事療法」を
やってみる価値があるんじゃないか?と僕は思うわけですね。

僕は、ayaさんと同じ様に、自分が癌であることを認めて、
嘆き悲しむことではなく、前向きに共存しながら生きていこうとしていますが、
癌で死ぬ事を認めたわけではありません。

むしろまったく逆に、たかが癌なんぞで絶対に死んでたまるか
手術がダメなら、放射線、それもダメなら抗がん剤、
それでもダメなら「食事療法」で徹底的に癌を叩き潰すことばかり
「積極的」に、しかも「面白おかしく」考えて実行しています。

願わくば、お爺様にも「諦めるな」とお伝えください。
2010/08/12(木) 22:25:53 | URL | 癌ダム4G #-[ 編集]
癌ダムさんへ
そうですね。。。
何より、まず私が「諦め」てしまってはいけませんね。。。

祖父の心が、癌とどう向き合っているのかはわかりませんが
私は、諦めず希望を持ち続けて行きたいと思います。

ありがとうございました〃^_^〃
2010/08/12(木) 23:25:18 | URL | aya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。